ガンタク

ガンダムオタクのためのブログ。略してガンタクです。

【ガンダム】U.C.0096以降の時代で可変機MS,MAが廃れたのはなぜか?SFSよりは可変機のほうが安上がりだと思うのだが★について

【ガンダム】U.C.0096以降の時代で可変機MS,MAが廃れたのはなぜか?SFSよりは可変機のほうが安上がりだと思うのだが★

a: 2016年05月10日 21:21

U.C.0096以降の時代で可変機MS,MAが廃れたのはなぜか考察しよう

SFS無しでMSやMAは単独で大気圏内飛行を可能にした可変機構の技術が後世で採用されていかなかったのは何故なんだろう?
第5世代でのミノフスキークラフト(MC)の小型化の成功やコスパや複雑な可変機構の構造で生産性が悪かったなどの欠点のせいで可変機が廃れた主な原因なのは知っているけど、
UC0096以降の時代でもファントムやガイアギアαなどの機体が可変機構を持ってMCの推進力と機動性を数倍にも引き出した例外も存在する
多少のデメリットがあってもワンオフやコスト高の高性能機の可変機がもっと造られても良かったんじゃないか?

WS000384

b: 2016年02月27日 09:58

製造に、整備にとお金が係ることで廃れた可変MS。その代わりとしてSFSが活用されているけど、SFSってほぼ出撃するたびに撃墜されてる気がする。何気に多機能なドダイ改とか使い捨てにする位なら、可変MSのほうが安上がりじゃね?

WS000382

続きを読む

-未分類

×
CLOSE
CLOSE